江戸時代から続く年越しそば



news...1




年末大晦日の日には必ず、ニュースの中で、
年越しそばを食べる人達の姿が映し出される。



そば屋にとっては稼ぎ時と思われるが、
最近では、カップめんで済ませたり、
”年越しうどん” なども登場し、麺類を食べて、
年を越そうと変化しているように思われる。



年越しそばは一体、「いつ頃、何のために」、
登場したものなのだろうか。



年越しそばの風習が広まったのは、
江戸時代中期と言われている。



一部に、鎌倉時代や室町時代からという説もあるが、
その頃は、今のタイプの切ったそばではなく、
餅や団子の状態のものだったようだ。



所謂、『おやき』のようなもので、どれだけ、
年越しを意識して食されていたかは、イマイチはっきりしない。



また、なぜ、『そば』なのかということについては、
諸説あり、はっきりしない部分も多いが、
共通して言えるのは、”そばの特徴” に基づいて、
年末に食されるようになったのでは、ないかということだ。



そばの実の形が三角錐であり、古来三角形は、
邪気を払うと言われており、それを使用したそばは、
細く長く伸びるので健康を願い、一年の悪かったところを、
すっぱり切り捨てて、来年に備えようとか、解釈によっては、
どうとでも取れることが、沢山あるので何とも言えない。



由来はどうあれ、大事なことは、年越しそばを食べることで、
一年を振り返り来年への決意を新たにしたり、家族の、
健康と幸せを願い、みんなで食べる年越しそばは、
和の精神を大切にした、素晴らしい風習だということだ。



年を越す前に食べきらなければならず、残すと、
次の年に金運に恵まれないとも言われているので、注意しよう。






コメントを残す