伝統的な正月料理である、雑煮



news...1




お雑煮は、一年の無事を祈り、正月に食べる、
伝統的な日本料理だが、最近では、核家族化や、
晩婚の影響からか、雑煮を食べない人も増えている。



餅の形や出汁、具の種類など、地方や家庭の数だけ、
千差万別と言える雑煮だが、いつ頃から、
習慣づいてきたものなのだろうか。



雑煮の歴史は古く、室町時代には、
すでに、食されていたと言われている。



当時、武士の酒宴では、必ず、一番初めに雑煮が、
振る舞われており、餅は当時から、祝い事や、
特別の行事の日に、食していたこともあって、次第に、
一年の初めである、元旦に食するようになったとのことだ。



餅が庶民でも手に入るようになったのは、
江戸時代からで、北海道と沖縄を除く、全国の地方で、
正月祝いは、雑煮を食べることが定着していった。



現在は、北海道でも雑煮文化があるが、これは、
明治以後に、本州から移り住んだ人達が、
持ち込んだもので、沖縄では、現在でも雑煮文化はない。



使用する味噌に始まり、味の濃さ・薄さや餅の形、
などの違いは、すでに、この頃からあったと思われる。



珍しい雑煮文化も存在し、例えば、徳島県の雑煮は、
餅を使用せず、具は豆腐と里芋だけと、非常にシンプルである。



また、雑煮に使用する餅に、工夫をこらしている地方もあり、
香川では、白みそ仕立ての汁に、あんころ餅を入れる。



この他にも、意外と甘い雑煮は存在するが、
甘いものが貴重であった時代に、「せめて正月だけは贅沢に」との、
先人の思いが感じられ、趣のある料理と言える。



雑煮だけでなく、家庭でおせち料理を手間暇かけて、
作ることが少なくなったが、その一品一品には、
いろんな思いが込められていることを知れば、
また、変わってくるのではないだろうか。






コメントを残す