伝統料理おせちの未来



news...1




伊達巻に数の子、タケノコや紅白なますなど、
いろんな料理がならぶ正月のおせち。



なかでも、特に縁起がいいとされているのが、



・邪気を払う、「かまぼこ」
・”喜ぶ” に通じる、「昆布巻き」
・黄金色が財宝を連想する、「栗きんとん」



が代表的だ。



三段重ねの重の納め方にも意味があり、
先の3品は、一の重に詰められている。



続く二の重には、野菜や魚介類の酢の物、及び、蒸しものが並び、
三の重には、サトイモやにんじんなど、縁起の良い、
素材を煮た料理で、”運を拓く” という願いが込められている。



おせち料理は、手間暇がかかるということで、
最近は敬遠されがちだが、実は、正月に主婦が、
水仕事を控えられるようにとの、思いが詰まった料理でもある。



日持ちの工夫が凝らされているのは、そのためだ。



料理の並べ方など、昔ながらのしきたりが多く、
堅苦しいイメージが先行しているが、
伝統の料理の裏側にある、家族の幸せを願う気持ちは、
忘れてもらいたくないものだ。



おせち料理も、地元の特産品を使用した、
伝統料理が各地にある。



津軽地方の代表的な郷土料理である、「じゃっぱ汁」や、
奈良県南部の「さんまのなれ寿司」などだ。



全国的に有名な、福岡県の「筑前煮」も、
元々は、正月の定番料理である。



最近は市販のおせち料理を購入したり、洋風・中華料理が、
おせちと並んで、正月の食卓に並ぶことも少なくない。



伝統を大切にしつつ、我が家だけのオリジナルおせちで、
新年を迎えるのもおつなものと、言えるだろう。






コメントを残す